常勤だけじゃない非常勤医師という働き方

しがらみがないがメリットだけど、医師研修会には参加できない。

医師という職業は基本的には院長を中心とした縦社会で、院長の言う事は絶対で、その傾向は常勤医だと非常に強くなります。しかし非常勤医師だと常にその病院で働いているわけではないので、院長などの意向を気にする必要はないです。しかも常勤医とは違い、非常勤医だと比較的転職もしやすいのも特徴なので、どうしても気に入らない場合にはすぐに離職する事が可能なのも非常勤医師の特徴です。
しかし常勤医では常日頃から行われている医師同士の研修会に参加する事が可能ですが、非常勤医師だとなかなか参加する事が出来ないので、最新の医療技術などは病院以外の場所で、独学で学ばなければいけないというデメリットもあるので、注意が必要になります。

自分自身で勤務を作れるし、緊急時も中継ぎで済みますよ。

常勤医だと院長や理事長がタイムスケジュールを組むので、そのタイムスケジュールに沿って働かなければいけません。さらに緊急オペが必要な重病患者が運ばれてきた時にはタイムスケジュールに入っていなくても、最優先に治療しなければいけません。そのため常勤医は自分自身の時間があまり取れないのが特徴とも言えます。
それに対して非常勤医師だと基本的にはタイムスケジュールを自分自身で組むことになります。そのため自分自身の用事を最優先に働く事が可能です。仮に勤務中に重病患者が運ばれてきた際でも、専門の常勤医が来院するまでの中継ぎで良い場合がほとんどなので、常勤医と比べたら体力的にもかなり楽です。
非常勤医師にはこのようなメリットもありますよ。