あなたの待遇は適正ですか?医師が転職を考える時

ハードな環境に疲れたときに転職を考えやすい

医療業界の中でも最先端と言われる場所で働く医師は、毎日驚くほどの激務をこなしています。たとえば救命救急センターや大学病院などですね。それこそ寝る時間もほとんどないぐらいにやることが多く、しかも責任が重大な仕事ばかりさせられます。毎日仮眠しか取ることができずに、心身ともに摩耗していくのは仕方のないことです。こうしたハードな仕事を任されている医師は、ふとした瞬間に転職を考えることがあります。非常勤の医師やアルバイト医師、地方の過疎地で勤務する医師に憧れることがあるのです。小さい診療所でマイペースに仕事をするのもいいのではないかと考えて、実際に病院を辞めてしまう人も少なくはありません。待遇がもっとよければ多少のハードさは我慢ができるのかもしれませんが、現状は割に合わない仕事をさせられている医師も多く見受けられます。

自分のやりたい仕事ができていないと感じるときにも多い

医師といっても、大きな組織の一員でしかないことがほとんどです。組織の一員である以上は、自分の好きな仕事ばかりをしているわけにはいきません。したくない仕事までしなければならないのは当然のことです。しかし、これをストレスに感じてフリーに転身する人たちが跡を絶ちません。アルバイト医師になれば、組織の一員ではなくなるので、基本的には自分のやりたくない仕事は避けて進んでいけます。やってもいいという案件のみを自分で選んでこなしていくことができるのは大きいですよね。ストレスフリーな生活が手に入る可能性があるのです。実はアルバイトでも、医師資格があれば年収を高く維持し続けることは可能です。病院側は待遇をさらに上げなければ、医師の流出を止められないかもしれません。